リハビリテーション 【お問い合せ】0553-26-4126
サイバーナイフ治療 【お問い合せ】0553-26-6661

リハビリテーションへの取り組み

当院のリハビリテーション部では、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)が、各々それぞれの分野で全員が、質の向上を図り、 患者様の社会復帰の援助となれるよう努めています。

看護部のご紹介

私たちは一人一人を大切にし、病気と共に地域社会に 生活する患者さま・ご家族に寄り添う看護を提供します。

診療のご案内

外来診療 午前 9:00 ~正午(月~土)、午後 1:00 ~ 5:00(月~金)
休 診 日曜日・祝祭日・土曜日午後・年末年始
診断科目 内科・外科・整形外科・放射線科・リハビリテーション科・脳神経外科
取扱保険 社会保険、国民保険、老人保険、労災保険・生活保護、交通災害保険、その他
主な医療設備 MRI、全身CT スキャナー、X 線一般撮影装置、超音波診断装置、
胃・十二指腸ファイバースコープ

入院のご案内

入院の手続きについて

お電話で上記の電話番号にお問合せ下さい。入院係(統括医療連携部)がご相談に応じます。
必要に応じてパンフレット、入院申込書類を送付致します。また、見学をご希望される方に関しましては事前にご連絡の上、お越し下さい。

1 入院問い合わせ 2 入院申し込み 3 書類審査・待機 4 入院日連絡 5 入院
送って頂いた書類にて書類審査し結果をご連絡致します。 入院日が決定しましたら、紹介病院、ご家族の方にご連絡致します。
ご希望の方は、当院寝台車での送迎も行なっております。(料金に関しては無料となっております。)

書類のダウンロード

当院指定の入院申込書(ご家族記入)と、入院中(受診中)の病院より診療情報提供書(主治医先生記入)をFAX(0553-26-4137)又は
郵送して下さい。前記の必要書類の用紙は以下のPDF ファイルにてダウンロード可能です。

ロボットスーツ HAL(ハル)導入

ロボットスーツHAL® 福祉用は、脳血管疾患等にて障害を持つ方々や脚力が弱くなった高齢の方々の脚力・歩行機能をサポートし、歩くことの素晴らしさを取り戻していただくことを願って誕生した、画期的な自立動作支援ロボットです。

フロアのご案内

3F 病室B-1 ~ B-12,
B ナースセンター・副理事長室・談話室
[ 指定短期生活介護施設「リリー」]
2F 病室A-1 ~ A-30, 病室D-3 ~ D-21,
A ナースセンター,A スタッフルーム,B スタッフルーム
D ナースセンター,D スタッフルーム, 統括医療連携部, 処置室, 談話室, 医療面談室, リハビリスタッフルーム
[ 指定短期生活介護施設「リリー」]
1F 病室C-1 ~ C-31, 病室D-3 ~ D-21,
C ナースセンター,C スタッフルーム, 受付, 第1 ~ 4 診察室, 手術室, レントゲン室,CT 室,MRI 室
談話室, 応接室, 理学療法室, 作業療法室, 言語療法室, 特別浴室, 中間浴室, 男女浴室, 第1 ~ 2 検査室, 理事長室, 総院長室, 院長室, 副院長室, 事務長室,
総看護部長室, 医局室, 薬剤科, 医薬品情報室, 栄養科, 事務室, 宿直室, 売店, 厨房, 機械室, 居宅介護支援事業所, 霊安室
[ 認知症老人ホーム「あずさ」]

病棟のご案内

療養病棟(A・B棟) 100 床 看護師20:1 以上 補助者20:1 以上の人員配置
回復期リハビリテーション病棟(C・D棟)100 床 看護師15:1 以上 補助者30:1 以上の人員配置

24 時間生活の場である病棟内では、家庭と同じ生活感のある環境を提供しています。一日を通して規則正しいメリハリのある生活をスタッフ皆で考え作り上げています。

医師、リハビリスタッフと連携をとり、患者様の持っている能力を最大限に発揮して、自立に向かうよう創意工夫した病棟内訓練も取り入れています。

リハビリガーデン

認知症老人ホーム「あずさ」

指定短期生活介護施設「リリー」

特別病棟

手術室

春日居サイバーナイフ・リハビリ病院